So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

視力回復手術の経済性

視力回復手術の経済性について考えみます。レーザーによる視力回復手術は、手術費用が高いということがなければ、近視の人は全員が視力回復手術を受けた方が有利と言われています。理由は二つあって、ひとつは、コンタクトレンズ、眼鏡の使用の際に生じる危険性、不便性を総合的に判断すれば視力回復手術と比較しますと、視力回復手術の方が有利といえるのではないでしょうか。二つ目は、経済性の問題です。視力回復手術の費用は現在、約20-50万円ほどかかります。たしかに、安い費用ではありません。では、この視力回復手術の費用とコンタクトレンズの費用を比べてみると、コンタクトレンズの装用者は、使い捨てコンタクトレンズとケア用品代を含めて、安くても平均、年間5万円程度の出費になります。従い、1-2年では視力回復手術の割高感がありますが5年程度のスパンで考えると視力回復手術が有利になるといえそうです。

視力回復手術に関する正しい情報の収集方法ですが、全国で、視力回復手術を行なう医院が次第に増えてきています。平行して多くの宣伝パンフなども登場し、ネットや書店でも、視力回復手術に関するたくさんの本が並んでいます。手術を前にして、視力回復手術に関する多くの情報を集め、知識を得ることは結構なことができます。パンフや本では、宣伝に傾斜するあまり視力回復手術のトラブルなどはあまり掲載されていません。視力回復手術も手術ですから場合によってはトラブルも考えられ、手術によって失うものもあることを認識しておきましょう。視力回復手術に限らず、どんな病気の治療でも、病院や医師の選択が大事です。視力回復手術でも同じです。医院や医師の選択ポイントとして、少なくとも、手術をしてくれる医院の最高責任者が、日本眼科学会が認定した「日本眼科学会眼科専門医」であることが重要です。

関連記事はコチラ
nice!(0)  コメント(31) 
共通テーマ:美容
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。